英語をマスターしてネイティブになる!TOEIC満点!英検1級めざそう!

英語をマスターしてネイティブになる!バイリンガルが教える学習法!

リスニング 英語新聞

英字新聞『The Japan Times ST』を読んで英語力をUPしましょう!

投稿日:2017年1月24日 更新日:

私が購読している英字新聞 は『The Japan Times』

英語のリーディングは、英語マスターのための基本です。

でも、参考書とかいわゆるお勉強もので英語を読むのは続かない。

おすすめは、

やっぱり「洋書を読む事」と、「英字新聞を読む事」です。

今日は、「英字新聞」について書きたいと思います。

(洋書については後日、書きますね!)

ネイティブが読む英字新聞で、私が購読しているのは「The Japan Times」です。

この写真は、1月23日のものでトランブ新大統領に対してのデモのニュースがトップニュースでした。

私はこれを毎日読んでいますが、生徒さんたちには、「The Japan Times」はおすすめしていません!

ええ?自分は毎日読んでいるのに、おすすめしないって?

どういう意味ですか?・・・って?

『The Japan Times ST』

生徒さんや、英語学習者の人たちには、ネイティブが読む「The Japan Times」はおすすめしていません!

(上級者は別ですが。)

なぜ、おすすめしないとと言うと、それは必ずくじけるからです。

最初だけ、張り切って読もうとされても、間違いなく、途中でくじけてしまいます。

やはり、ネイティブと同じ英語では、ちょっとハードすぎます。

あまりなんでも無理をすると、続けるのが難しくなります。

英語をマスターするためには、頑張りすぎないことが大事なのです。

こういう新聞は、受験勉強でもないのですから、日頃、ソファーに寝っ転がってでも気楽に読めるものがいい!

気楽に読むのだから、自分の英語のレベルよりやや下のものを読むのが長続きします。

では、何がおすすめかというと『The Japan Times ST』です。

これは、(株)ジャパンタイムズが発行している、英語学習用の週刊の英字新聞です。

「The Japan Times ST」は、英字新聞の「The Japan Times」からピックアップした記事が記載されています。

短くもなく、長すぎもせず適度な英文が読めます。

新聞のニュースは、大人の興味に永遠に耐えれる!

新聞のニュースの内容って、とにかく記事がバラエティに富んでいて面白いのです!

それは、今の世間の話題がいっぱいだからです。

去年であれば、「TPP」、「東京都知事選挙」、「ヒラリー対トラン部」から「ピコ太郎」まで。

今年に入ってからは「トランプ新大統領」など。

 参考に、過去の「ピコ太郎」記事

・Pen-Pineapple-Apple-Pen, or PPAP, entered the weekly U.S. Billboard Top 100 singles chart at No. 77.
(『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』はアメリカのビルボードソングチャートで77位に入った)

政治や経済、社会問題はもちろん、

スポーツ、エンタメ、美容・健康、旅行、星占いまで、

幅広いジャンルの記事が掲載されています。

英語学習のために、アメリカの子供が読んでいる児童書を英語で読むのはおすすめしません。

内容が、幼い子供向けなので大人の私たちには面白くない。

面白くないイコール続かないです。

大人の興味に耐えれる内容というのは、面白いから長続きします。

不足している英語に接する量を補える!

私がいつも思うのは、日本の英語学習者は、圧倒的に英語に触れる量が少なすぎ!

正直、週に1回だけ英会話教室に通っていても全然たりません、

もっと日常に英語を取り入れてほしい!

でも、それがお勉強になってしまうと、学生でなく社会人はお仕事や家事やいろいろ忙しいので続きません。

私の生徒さんには、週刊の「The Japan Times ST」を購読してもらっています。

ソファーに寝転んで気楽に英語に触れてほしい。

この「The Japan Times ST」は、お勉強でなく、毎日少しの時間でもいいので読んでもらっています。

そして、週1回の私の英語レッスンの時に、この新聞に載っていた話題について、少し英語でディスカッションします。

完全フリーで題材なしで英語でディスカッションでは、

言いたいこともなかなか英語で言えません。

でも、予習として「The Japan Times ST」に目を通してもらうことによって、

言いたいことの語彙が予習できるので英語のスピーキングもスムーズにできます。

学校の試験で、日常使わないだろう英単語をしかたなく覚えるというのではなく、

例えば、トランプ大統領について、自分の意見をいおうとするため英単語なので、

興味もあるし、そういう単語は頭に入ります。

自分の意見を言ってみましょう!

こんなふうに「The Japan Times ST」を毎日、ちょこちょこと、

自分が興味持てる記事だけでもいいので読むのがいいと思います。

この記事を読む時は、あとで、自分のこの記事のテーマについて、英語で1行でも、2行でもいいので

英語でどんなことが書いてあったか英語で言ってみるといいです。

何もなく漠然と読むのと、あとであらすじを言ってみるために読むというので、意識が全然違うのです。

1行でもあらすじを言おうとしたら、一番大事な単語を覚えれます。

楽しく気軽に読める!

「The Japan Times ST」のすばらしい点は、

辞書を引く手間がはぶけること!

これで、ソファーで寝転びながら読めます。

覚えておきたい重要な単語・表現には、日本語の注釈や単語訳がついています。

知らない単語出てきて辞書を引いていると

楽しさがストップしてしまいます。

あくまで気軽に読むために、重要単語に日本語訳があるのは嬉しい。

購読のためには?

公式サイトから購読を申し込むと、

3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月より購読期間が選べます。

お値段は、3ヵ月:3,390円、6ヵ月:6,780円、12ヵ月:13,560円です。

自信のない方は、まずは3ヶ月の購読を申し込んで、3ヶ月読んでみるといいです。

私の生徒さんは、最初3ヶ月続けれるか自信ない・・と言いながらもう2年、3年と毎日の日課にされています。

英語に触れるのが毎日の日常になれば、知らず知らず英語の力はアップします。

英語学習ならThe Japan Times ST



by アビー♪

人気の記事ベスト3

1
「スーパーエルマー」でリスニング訓練して英語思考に!無料サンプルで試してみよう!

返り読みしない! 「英語のリスニングができないのですが、どうしたらいいですか?」 と、いろいろな生徒さんから聞かれます。 その答えは一言! 「返り読みしない!」です。 初心者の方に教えると、「そうです ...

2
独学でVOAを聞いてくじけた方!スーパーエルマーの初・中級者向けVOAコースを!

VOA (Voice of America)とは? 私はアメリカで生まれてアメリカで育ちました。 アメリカは、ご存知の通り、いろいろな国出身の人たちが集まっています。 アジア、中近東、南米、ヨーロッパ ...

3
「スピークナチュラル」は英語を話すための教材!効果はある?私の評価は?

スピーキングのための教材 たくさんの日本人に英語を教えてきて思うことがあります。 それは、日本人にとって一番苦手なことは、英語のスピーキングなのではないでしょうか? たとえば、大学受験真っ最中の受験生 ...

-リスニング, 英語新聞

Copyright© 英語をマスターしてネイティブになる!バイリンガルが教える学習法! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.